EW展 Vol.12 「春」

おはようございます。

春休みに入りました、ゴゴです。

今日は、先日エントリーさせて頂いた「EW展 vol.12」のあとがきを書こうと思います。


募集テーマは 「春」


色々思いつくだけに難しい('ω' )


でも、やり方はいつも通り。まずは、材料集めからします。


主題のテーマ「春」とは別に、私はサブテーマを二つ持ちました。


「ご新規さん」「4.0」


このあとがきでは、サブテーマについて、少しお話出来ればと思います( ˘ω˘ )


私が加工する時は、サブテーマやストーリーなんかを絵の裏に載せてたりします。

皆さんのような加工技術や創造力が無いので、抽象的に何かを描き出すというより、

設計図的なものが欲しくなってしまう感じです('ω')カムヒア材料


詩にある三つの色が、サブテーマ「ご新規さん」にあたります。


闇に塗れた海は、FF14を始めようか迷っている新規さんの気持ちとして。

柔らかい陽の光は、FF14に関わる楽しさと美しさと夢を。黒い海を切り開く一筋、色は黒から透明に。

空の色は、桜吹雪で空を覆い尽くす、新学年の初まりをイメージして。



この不思議な桃色は、リアルでも稀に見る事が出来る朝焼けの瞬き。
光の戦士にとって、FF14に触れる"一度しかない初めて"を、僭越ながら表現させてもらいました。

よく見ると桃色の範囲が少しだけ広くなるよう撮影してます( ˘ω˘ )


次に「4.0」。
4.0にはマウント:シルドラ、マメット:バッツ、神竜オメガと、FF5の要素が見られます。
そこで私もFF5の要素を入れようと思いまして、FF5のおっさんといえば「暁の戦士」。
暁=朝焼けで、さっきの色を表現出来ればなーと、ほぼ同時にサブテーマの題材が決まりました。


水平線に見えるのは、実は地平線。ザナラーンの山脈です。

4.0で目指すは、遥か東の国アラミゴとドマ。


「暁の光の先」は、すでに冒険している我々が、目指すものと同じ(´ω`)二重の意味を持つ標べに。


-初まりの春暁- 

Hajimari no syungyo

紫紺は迷いを、亜麻色は恩寵を、桃紫色は歓迎を。




ここまで読んで下さって、ありがとう!

最後に。EW展は、vol.8の「朝と夕方」から知りました。

皆さん凄いなーと思ってた作品展に自分も参画できるとは思ってなかったので、本当に嬉しいです。

同じテーマで何かを作る事が出来て楽しかったです!ありがとうございました!

0コメント

  • 1000 / 1000