あとがき【4.0版〈掘・園〉新スキル回し最適版】

こんにちわ、ゴゴです。

先日は、4.0版ギャザ新スキル回しの投稿をご覧になって頂き、ありがとうございました。

沢山の方々に見て頂いて、嬉しかった。

ここでは、少し掘り下げた内容にしようと思います。割と長文です。


まず最初に、ギャザラーのスキル回しとは、発掘師と園芸師の「選別」アクション時の事を指しています。選別用のスキルを簡単にまとめたものが、下図の通りになります。

詳しい方はお気づきかと思いますが、大胆選別+審美眼の理論値は、実は138~259です。私が確認出来たのが141~257であり、上下数%は未確認の為、除外しています。かなりの量をやってるはずですが、見えない何かに阻まれています。


ご覧の通り、選別時の稀少度値は、原則固定値となっています。記載している値が上限値となります。私が作成した、スキル回しはこの固定値から算出されたものです。

大胆選別の稀少度は確率変動なので、ここにギャンブル性=面白味があります。

パッチ3.Xまでの大胆選別は負荷が15であった為、2回しか使えません。

コーション(GP100x3)を使う事で3回使えますが、明らかにコスパが悪いです。その為、スキル回しは大胆選別を交えない物が一般的になりました。下記が具体的な例です。


【赤貨450をターゲットとした処理方法】

3.X通例スキル回し:慎重選別3回+審美眼2回(GP200x2)

 /稀少度459


大胆選別を入れたスキル回し:大胆選別2回+コーション2回(GP100x2)+慎重選別+審美眼(GP200 )

 /稀少度(中央値換算)446 ※450に足りてない…審美眼を慎重に入れたらもっと悪くなる。


よって、3.Xまでの大胆選別は死にスキルとなっていました。。


しかし!!

パッチ4.0になり、大胆選別にテコ入れがありました。(※コーションも)

仕様変更だけで大きく幅が広がり、黄貨/赤貨に共通してスキル回しに変化があり、とても面白くなりました。特に、今回のテコ入れの真髄は「赤貨」です。

稀少度値は3.X以前から変わっていません。なのに、今回の仕上がりは数字の美しさすら感じます。

ある意味、これが本来の姿だったのかもしれません。


特に、直感3回中に審美眼を発動させた時です。

稀少度換算すると、次の通りになります。直感103x3(309)+大胆S(141)で450。

初期より、直感3回と大胆はセットで考えられていたかのよう。美しい。


直感選別は、上位版の直感選別Ⅱが追加されました。

本スキルは上位互換となり、審美眼付与率の制限が識質力によって30%以上に上昇する効果が付きました。細かくは別の記事で書きますが、ざっくり言えば、赤貨素材を採集する時において、識質1200あれば、約50%(←元は30%)に上昇するといった効果になります。

3回チャレンジできるので、50%/回となれば、全体の成功期待値が87%まで上がります。

単に3回採集するだけであれば、慎重採集のみのスキル回しがあります。

ですが、4~5回採集できる手段があるので、是非ともギャンブルしていきたいところです。


現在、4.0ではGP800を超える事が不可能です。よって、GP700~750を目標にします。

スキル回し事態はGP600でも可能ですが、それを超えるGPを目指す理由は次の通り。

・ステータスの補正

・新しく追加されたスキル「〇〇の導き」を使用したい

・「石工の理/老農の知」を使いたい

確率は低いですが、直感2回時のリカバリーとして「理・知」を絡める事で5回採集が期待できます。

直感1回時の5回採集よりも、こちらの方が気持ち良いし、カッコイイです。(個人的に)

このGP700用スキル回しは、GP800時代が来ても使える技なので、4.X最後まで共にする事でしょう。覚えておくとお得です。(シングルは選別時にしか効果出ないので、稀少度を上げずに採集回数を増やす時は「理・知」の方が効果的です。)


話が前後しますが、私のスキル回しは基本的にバフの位置を固定しています。

特に大胆選別のランダム値を確認する行為が増えた分、間違えを無くすよう大きく3工程に分け、各工程毎に使うバフを決めています。

バフの使いどころは人それぞれです。他の方が公開されているものと順番が違っても、結果に大差はないので、やりやすい物を選ぶと良いです。

もう一つ、綺麗なスキル回しのご紹介です。黄貨用のスキル回しで、直感1回ルートについてです。

この回し方は、3~5回採集できますが、4回採集の大胆選別の目標値が195となっています。

審美眼付きの大胆選別の中央値が199なので、4回以上の採集は15%以上の確率といえます。

これは、3.Xまでの期待値に比べると約倍になりました。直感Ⅱの確率が50%以上ある場合は、同じレベルになりますが、大胆の方は5個獲得の道もあります。


【3.Xまでのスキル回しで、蒐集価値470を4回採集するには?】

シングル、審美眼、直感S、A審美、直感S、A審美、シングル、慎重S

 /稀少度(中央値換算)482 GP600、採集4回。確率9%(直感による審美眼確率:30%を2回)



最後に刻限用のスキル回しです。

初回直感の審美眼付与が付くまでは、GPを使用しません。その判定の為に、黄/赤貨用のスキル回しと違い、最初に直感選別を持ってきています。

ルートは大きく分けて、「大胆派」と「慎重派」に分かれます。大胆ルートは3回を狙えますが、2回になる確率は慎重ルートに劣ります。いずれにしても1回は獲得できるので挑戦するのも面白いですが、刻限の大胆ルートを本格運用できるのはGP800になってからとなります。


いかがでしたか?

4.0になり、大幅にパワーアップし、ギャンブル性もあがり面白くなったギャザラー。

ここではあまり触れませんでしたが、識質力による審美眼の付与率も向上しました。

地形や風景眺めながら、天気や素材と向き合い、さらには金策にも繋がるギャザラーです。

そして、ギャザラーは採るだけではありません。

マーケットボードを用い、世界に散らばる冒険者達と金銭の駆け引きを行うトレーダーとしての一面も持っています。戦闘民族や、クラフター達が欲しがる物を先読みし、獲物を捕りにいくのはなかなかハマります。


獲得率、識質によるHQ率については調査中ですので、まとまったらまた公開します。

ここまで読んで下さって、ありがとうございました。


0コメント

  • 1000 / 1000