紅蓮のリベレーター実装1周年おめでとう!

ある日、自作のFF14まとめスケジュールを眺め、思いふけていた。

FF14の世界において、6月は2年に一度、大型パッチが実装される月だ。

大型パッチ実装の年を見越し、大がかりなシーズンイベントは無く、トーンダウンする凪節が来る時期でもあった。当然、大型パッチが無ければ、システムの大きな変更もない。

※ゴールドソーサーイベントの開催時期が年々後ろにズレており、テコ入れされている。


パッチ4.3も落ち着き、なんとなく厳かに過ごす6月になるのかな?と考えていた。


紅蓮のリベレーター実装(アーリーアクセス)一周年の6月16日に向けて、何かやりたい。

いつしかそう考えるようになっていた。当時、漠然と考えていた企画がいくつかあった。


「ギャザクラをイチから育て直したい」

「エウレカのELダウン不可域のEXPを調べたい」

「メインクエストの最短クリア時間を計測してみたい」

「ララフェルで冒険してみたい。」

そして、「2018年6月16日にメインクエストをクリアしたい」が追加された。


この受け皿となる鯖選びは、いつもお世話になっている。幸福番長さんのLodestone国勢調査


2月初旬。優遇鯖に選ばれていないが、人数が少なかったラムウ・イフリート・ユニコーンが候補にあった。

次点の更新で、恐らく優遇鯖に追加され、優遇期間も長期的になるだろうと予測した為だ。

育成時間の短縮は、検証量が増える大きなアドバンテージとなる。


ラムウといえば、「EorzeaWanderer」のある鯖。

EW展には、何度か参加させてもらい、エオルゼアの世界を存分に楽しんでいる方々が集まっているLSだ。

新しい世界で冒険するならば、トンベリで過ごす生き方とは違った生き方もあるだろう。

ラムウに降り立ったなら、彼らと遊びたいと思った。


3月初旬。裏で用意は進め、決行はGW、場所はラムウ(優遇鯖)に決め、リアルの調整に入り始めた。

目標日時まで一か月半。問題ないだろう。


4月某日、ラムウの友達から連絡が入る。

「EorzeaWanderer」編集長、ラムウ鯖の有名人「Rocopeco ⚡️Teaparty」さんからだ。

EWメンバーで行うお料理会参加のお誘いだった。行くに決まっている。

お料理会の様子については、また別の機会に掲載できたらと思う。


5月初旬、ついに決行。

逐次「/ptime」コマンドにて、時間を計測しながらのプレイの開始。


【ゴゴフェルの冒険結果】

<冒険譚使用により紅蓮編から、ムービースキップ、テキスト通常>

プレイ時間:ジャスト30時間

メインストーリー攻略:25時間

イベント参加等:5時間

レベル上げ:ルーレット17回。蛮族クエスト(コウジン族)6回。

ジョブクエストLv70完了、風脈(紅蓮エリア)全て開放。

所感として、2~3時間は短縮できる。また、カットシーンは約13時間ある。

紅蓮編メインクエストとジョブクエストを進めていくとして、35~40時間でクリアできる事がわかった。

優遇鯖での実施だが、Lv60以降の恩恵は無い為、通常と変わらない。



過ぎてしまえば、あっという間の30時間だった。

つい先日、モンハンとのコラボにより、それぞれのプレイヤーの流入が予想される。

たまたまだけれど、所要時間が気になった方がここに辿りつく可能性もあるので、これだけは言っておきたい。

「焦ってクリアしなくてもいいよ!」(お前が言うな)

今回の結果は、あくまでも検証の一環なので、初見の場合はじっくりプレイして頂きたい。

私の初見時は、倍の時間をかけてクリアした。


また、プレイヤーズイベントは素晴らしいので、是非参加してほしい。

今回の検証の合間にも、イベントに参加して休憩もしている。

最終決戦に向け、直前で止めていた。

私は、現在LS「EorzeaWanderer」に所属しており、最終決戦に挑むならば、メンバーの誰かと一緒に超えたいと思っていた。

ログイン直後、ほぼ同時に現れたのは、「Rocopeco ⚡️Teaparty」さんだ。我ながらもっている。

新しい出会いと共闘。

一つの節目を迎える戦いは、いつの日も高まるものがある。

この一年間の思い出を噛みしめながら、斧を振りかぶる。

一つの物語が終え、また新しい物語が始まるのだな。


こうして、人知れず進めていた「紅蓮一周年お祝い企画」は幕を綴じた。


昨晩、一つ気になった事があった。

6時16日 深夜0時、ある蛮族クエストも幕を綴じた。

全世界でお祭り騒ぎとなったのだが、タイミングが良いのは思い過ごしなんだろうか。。

何はともあれ、紅蓮のリベレーター実装一周年おめでとうございます!

来年の大型パッチまでの一年も、大いに楽しみまくります!!

ここまで読んで下さって、ありがとうございます。これからも宜しくお願いします!!

0コメント

  • 1000 / 1000